NNNドキュメント「分断された故郷 放射能が降った村の500日」2012.7.23~江戸川・荒川「河口ホットスポット」に囲まれた浦安市20年汚染:浦安っ子の疎開を考える(都市濃縮・低線量被ばく)

NNNドキュメント「分断された故郷 放射能が降った村の500日」 2012.7.23

原発事故の影響で、計画的避難区域とされた福島県飯舘村。

菅野村長は「除染して帰村」の方針で村民の心を一つにまとめようと努力してきた。昨年末、国が避難区域の再編を発表。放射線量の高い長泥地区は帰還困難区域とされ、原則立ち入り禁止となる可能性が高まった。7月17日、故郷への道が封鎖される。家を捨て村外での転業を目指す人、故郷の土地を諦めきれない農家…放射能、そして区域再編に揺れる長泥地区の人々を追った。

広告