「フクシマの真実と内部被曝」2012.1.29 水俣講演 小野俊一医師が伝える大切なこと(浦安市は水俣の教訓を生かすべきです)

(以下、転載です)

http://onodekita.sblo.jp/article/53362278.html

昨日、水俣で後援会をさせていただきました。150名以上の方にお聞きいただいたようです。ありがとうございました。

お話をさせていただきますと、すこしだけ肩の荷が下りたような気がいたします。

講演時間は約90分。音声はばっちり記録されておりますが、プロジェクターの関係と思いますが、すこし脱色した感じで写っています。

不鮮明な動画部分については、該当する部分をホームページ上に載せておりますので、あわせてご覧いただけますと幸いです。

前回のやましろ病院の内容とかぶりますが、時間がおよ そ倍ですので少しスライドを増量し、補完的な説明(前回とんでしまったようなところ)なども追加しています。

広告