「福島原発事故報道・大手メディアの裏表暴露」元大手放送局職員木下黄太氏が伝える大事なこと:浦安っ子の疎開を考える(都市濃縮・低線量被ばく)

2011年9月9日「メディアをうらむな、メディアをつくれ。シンポジウム」

東日本大震災後、メディアはどの様な変貌を見せたのか?
これからのメディアのあり方を考えるトークイベント

http://www.youtube.com/watch?v=PoQhVla4A7Q&feature=mfu_in_order&list=UL

震災後、ブログやツイッターで放射能防御の情報発信を続けている木下黄太氏、
専門家の事故検証を映像で伝えるNPO法人「原子力資料報道室」の澤井正子氏、
そして、子どもと放射能の問題にフォーカスした報道を続けるOurPlanet-TVの白井草氏が登壇。
司会に東京芸術大学大学院准教授の毛利嘉孝を迎え、『フクシマ後』の情報発信の活動報告やメディアや情報との関わり方について語ります。

■スピーカー
木下黄太(ジャーナリスト)
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927
澤井正子(原子力資料情報室)
http://www.cnic.jp/
白石草(OurPlanetTV)
http://www.ourplanet-tv.org/

■モデレーター
毛利嘉孝(東京芸術大学大学院准教授)


OurPlanet-TV の番組制作は広告費に頼らず、いかなる団体からも完全に独立しています。
個人による幅広いスポンサーシップが私たちにとって最も心強い運営資金です。
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/92

広告