NHK 追跡!真相ファイル”低線量被ばく 揺らぐ国際基準” :浦安っ子の疎開を検討すべきです。(都市濃縮)

(以下転載です)

2011年12月28日、NHKにて「低線量被ばく 揺らぐ国際基準」追跡!真相ファイルが放送されました。

その動画をご紹介いたします。

室井佑月さんが、ナビゲーターを務めています。

“生涯100ミリシーベルトとされる被ばくの基準で、本当に健康への影響はないのか?”
福島をはじめ、全国の人々が現実に直面している放射能の脅威。
国は「直ちに体への影響はない」と繰り返すばかりだ。
その拠り所としているのが、ICRP(=国際放射線防護委員会)の勧告。
広島・長崎の被爆者の調査データをベースに作られ、事実上の国際的な安全基準となっている。

しかし関係者に取材を進めると、1980年代後半、ICRPが「政治的な判断」で、被ばくでガンになるリスクを実際の半分に減らしていた事実が浮かびあがってきた。
当時ICRPには、原子力産業やそれを監督する各国の政府機関から、強い反発が寄せられていたのだ。
そしていま、世界各地で低線量被ばくの脅威を物語る、新たな報告や研究が相次いでいる。

アメリカでは原発から流れ出た微量の放射性トリチウムが地下水を汚染し、周辺地域でガンが急増。
25年前のチェルノブイリ原発事故で、大量の放射性セシウムが降り注いだスウェーデンでは、ICRP基準を大きく上回るガンのリスクが報告されている。
いま、誰もが不安に感じている「低線量被ばく」による健康被害。
国際基準をつくるICRPの知られざる実態を追跡する。

——————————————————————-

国境を越え日本から離れ、子どもたちに休養を取らせてください。短期間の西日本滞在でもよいと思います。事態は改善できません。

これが、「核の怖さ」なのだと最近つくづく感じます。安全神話が崩れた今、「原子力」でなく「核」という言葉を積極的に使うべきです。

検査をすればわかりますが、首都圏の子どもたちの被曝は進行しています。「死の灰」も来ています。

プルサーマル福島第一原発3号機のMOX燃料が、核爆発を起こしたことが、はっきりしてきています。

ウラン・プルトニウムが飛散しているため、アルファ線、ベータ線核種の汚染状況に着目してください。

浦安市の行っているガンマ線測定では安心できません。

呼吸による内部被曝を防ぐため、マスクの着用をお願いします。

ウラン、ストロンチウム、プルトニウムの測定を行政に訴えると同時に、子どもたちを疎開させてください。

広告