プルサーマル福島原発3号機“核爆発”:アルファ線核種の内部被曝懸念(浦安市)

(以下、転載です)

福島原発3号機“核爆発”を起こした!専門家が断言 ★原発を造った男たちの原発批判を聞け! 2011.12.13

藤原節男氏

「福島第一原発3号機で3月14日に起きた爆発はピカドン(核爆発)だ!!」

そう語るのは、’10年の春まで日本原子力安全基盤機構(JNES)で原発検査員を務めていた藤原節男氏。原発の施設と運用について隅々まで知る専門家の一人だ。  「3号機の爆発では、一度ピカっと炎が出た後、ドーンと黒煙がまっすぐ建屋上方へと立ち上っています。水素爆発であんな黒い煙は出ません。キノコ雲の形状といい、核爆発の現象に酷似している」  しかし、政府、東電の発表では、原子炉内部は安定を取り戻してきているはずだが?  「重要な放射能飛散原因は、使用済み燃料プールです」  彼は一原発を陸側から写した航空写真を取り出した。  「建屋上部フレームは、使用済み燃料プールの場所が吹っ飛んでいます。プール内で爆発が起こり、そこにあった燃料棒は飛び散ってしまったと思われます」  だが、たとえ使用済み燃料が溶融して下に溜まっても、果たしてそれで核爆発は起きるのだろうか。  「3号機の燃料プール内では、爆発が生じるまでに冷却水が少なくなり、ジルカロイ・水反応で水素が発生。上方の燃料被覆管が溶けて、中のペレットはブロック崩し状態。プール内が原子炉さながら、小出力で臨界状態となって水が沸騰したと思われます。そして、プール水面上方で水素爆発。その圧力で沸騰水中のボイド(水蒸気)が圧縮。ボイド反応度係数はマイナスなので、一気に核分裂の反応度が高まり、即発臨界の核爆発が起きた。3号機爆発のスローモーションビデオを観ると、爆発音が3回聞こえる。これが、水素爆発の後に核爆発が生じた証拠です」  続いて彼が指差したのは、排気筒と3号機を結ぶ配管部分だ。太いパイプはそこで断裂し、短い管が口を空けて転がっている。  「東電は、定期点検中の4号機で水素爆発が起きたのは、3号機で発生した水素がこの配管を通って、4号機建屋に入ったためだと説明しました。しかし写真を見ると、このとおり配管は繋がっていない。4号機でも使用済み燃料プール内で水素が発生して、爆発したと言える。3、4号機爆発とも、使用済み燃料プールの水素なら、1号機も使用済み燃料プールの水素による爆発ではないか。」

http://www.zakzak.co.jp/zakspa/news/20111213/zsp1112130929001-n1.htm

 

 

————————————————————–

3号機の爆発はどう見ても1号機、2号機で起こった水素爆発とは違う物ですよね。これは素人が見ても分かる事。ガンダーセンさんはこれを即発臨界が起こったと説明します。

­つまり核爆発です。広域にわたって死の灰が降っているはずです。
なぜ日本政府はこの事を隠すのでしょうか?

————————————————————–

☆日本政府が公表していない、驚愕な事実が見つかりました。
(南相馬市 大山こういちのブログ)

http://mak55.exblog.jp/15044926/

米国エネルギー省(DOE)と国家核安全保障局(NNSA)が行った、事故当初のモニタリングデータが公開されています。

http://energy.gov/situation-japan-updated-102111
空間線量

http://www.data.gov/raw/5270
空間ダスト・サンプリング

http://www.data.gov/raw/5271
土壌サンプリング

http://www.data.gov/raw/5272
航空モニタリングデータ(Google Map用)

アルファ線が観測された地域が広範囲に及んでいるようです。
また東京の横田基地・米国大使館では常時監視を行っていました。
首都圏がどのように汚染されたのか、推察できるものです。
さらには福井県敦賀沖の興味深いデータも含まれています。
ただし内容に関しては専門家により精査・公表する必要があります。

広告