「NHKクローズアップ現代”クリーンセンター放射能都市濃縮”」:浦安っ子の疎開を検討すべきです。

2011.12.12 NHK クローズアップ現代 「知られざる“都市濃縮”」
(以下、転載です)
昨夜NHKの「クローズアップ現代」で、クリーンセンターなど、都市における放射性物質の濃縮問題を特集していました。

茨城県の守谷市の公園では、空間線量1.3μSv/時、土壌2万6,000ベクレル(セシウムだと思います)の放射線が検出されています。同市の他の地 点では、事故後、線量は低下傾向にあるのですが、この公園だけが事故後線量が突出して上がり続けています。原因はアスファルト道路の整備と人工河川にある ようです。アスファルト上の放射性物質は雨水で流され、人工河川に入り、やがて公園にまで流れ着きます。その結果、34倍も放射性物質が濃縮したということのよう です。同公園の最高線量は3.8μSv/時もあり、今後も濃縮が続き、線量は高くなると予想されています。同市は立ち入り禁止になっていますが、市町は広 域の河川流域の除染や、除染後に出る放射性廃棄物の処理を考えて、「どうしたらよいか分からない」と言っていましたが、濃縮され溜まった放射性物質は除去 していかなければいけないでしょうが、問題は保管先です。

放射性廃棄物の問題は、これまで何度も取り沙汰されてきましたが、同問題はさらに深刻さを増しています。千葉県柏市では、一般ゴミを焼却場で燃やした (放射能汚染された)焼却灰が年内で一杯になる予想です。最高7万800ベクレルの焼却灰の処理は、原発と同じく防護服を着ての作業で、被爆の危険を伴い ます。ドラム缶の表面線量でも4μSv/時あるそうです。もし保管場が確保されなければ、焼却がストップし、ゴミの収集すらできなくなる非常事態になりま す。大量のゴミが排出される都市の、そのゴミが汚染された現在、都市の中に「小さな原発」が出現するという、皮肉な結果となっています。(何度も繰り返し ますが、基本的に核ゴミは燃やしても、移動してもいけない、というのが大原則です・・・)

また同県では、新潟に埋め立ての為送っていた焼却灰から28,100ベクレルの放射性物質が検出され、地元の方の反対で送り返されてきたそうです。都市 部で濃縮された放射性廃棄物が行き場もなくさまよっている事態は、まさに不気味なこの社会の実態を体現しているだけでなく、極めて危険です。国は10万ベ クレル以下ならコンクリートで固めれば埋め立てられるとしていますが、その固化する施設はなく、その放射性廃棄物を埋め立てる処分場もないというのが現状 なのです。こうした状態の中、自治体は苦悶していますが、国や東電に回答を求めても、未だ何ら答えは返ってきてはいないのです・・・

——————————————————————-

国境を越え日本から離れ、子どもたちに休養を取らせてください。短期間の西日本滞在でもよいと思います。事態は改善できません。

これが、「核の怖さ」なのだと最近つくづく感じます。安全神話が崩れた今、「原子力」でなく「核」という言葉を積極的に使うべきです。

検査をすればわかりますが、首都圏の子どもたちの被曝は進行しています。「死の灰」も来ています。

プルサーマル福島第一原発3号機のMOX燃料が、核爆発を起こしたことが、はっきりしてきています。

ウラン・プルトニウムが飛散しているため、アルファ線、ベータ線核種の汚染状況に着目してください。

浦安市の行っているガンマ線測定では安心できません。

呼吸による内部被曝を防ぐため、マスクの着用をお願いします。

ウラン、ストロンチウム、プルトニウムの測定を行政に訴えると同時に、子どもたちを疎開させてください。

——————————————————————–

2011.10.18  ニュースの深層  「放射能汚染ゴミの行方は?」

広告