チェルノブイリに学ぶ:放射能被曝と脳への影響・道路の空洞よりも人命を(浦安市)

(以下、転載です)

鼻血と、脳出血(くも膜下出血)どちらも、血管が原因。0.3マイクロシーベルトを越えると心臓発作やクモ膜下出血等リスクが急に増える。 http://daiken.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-16cc.html 10月、一関市:中学生女子が、クモ膜下出血で死亡。9月、南会津町田島高校で体育中に死亡。

甲状腺の障害は、「目のクマに」あらわれる。

ドイツの医師が脳障害に警告しています。ベラルーシの人々が集中できないのは、「放射能恐怖」ではなく、脳障害だと言明しています。この軽度の障害は、 数%に起こるのではなく、ある程度体内に蓄積もしくは、外部からの被曝で、起き、ベラルーシではキエフより低いところでも、ほとんどに見られます。

脳は内部被曝でやられる順番があって、特に進行が進んでる人向けの対策が急がれます。機能低下から亢進になったら(良性腫瘍でも)すぐに手術が必要になっ てしまうので、その手前で止めたい。どの地域に住んで、どのくらい放射能防護対策をしてるか、いつからどの症状が出たか教えてください。

被曝による 「 ぶらぶら病 」ですね。 最近東京のほうに出張しに行った仕事仲間からの報告では、東京の印象が都市全体に覇気が無いのと同様に会議でも元気が無い、集中力に欠ける、(やる気が無い)フヌケになってしまったかのような印象を受けたと言っていた。

脳の症状もみんなのカルテに書きこんで。脳とわからない場合はまず調べてから、リプくれたら答えます→みんなのカルテ中の人@ncb01721 福島原発事故後の著しい体調の変化および不定愁訴の情報を共有できるよう下記掲示板「みんなのカルテ」で収集中http://sos311.bbs.fc2.com

これから一番増えるのは脳の発達障害です。脳機能障害の中で、細胞はなくならないが不安定になる症状。放射能による後天性の場合、生活が困難になり、アル コール依存症のきっかけにもなる等々。おそらく日本では30年はストレスと言われ続けます。関西以西も北海道でも程度の差こそあれ大人もなります

脳は一回細胞が完全に死滅すると再生はしません。努力したところで脳は回路を変えて対応するだけで、なくなった部位の機能は二度と取り戻せません。症状を 見ると関東でも症状が出始めています。予防の有無と摂取した放射能の量によって消滅する部位やその範囲に差がでます。超微量でも細胞は死滅する。

人間の体内での生物学的半減期は約100日程度にもかかわらず、放射性セシウムもある程度濃縮されるということだ。特に筋肉細胞がカリウムよりもセシウム を優先して取り入れる。平衡状態では、筋肉が最も高いセシウムの放射能を示し、次に肝臓、心臓、脾臓、性器、肺、脳と続く。IPPNW

郡山の園児の体重増えないらしい。当前だ。食欲減退(脳下垂体門脈系の視床下部の機能低下)、身長が伸びない(下垂体前葉機能低下)、筋肉がつきにくい (腸内酵素減少による各種アミノ酸合成とくにアセチルコリン量減少)が被曝初期から出てるから。どの時期にどれほど量を食てたかと線量の比較必須。

自分のスキルが劣化した、記憶がなくなってきた、長期記憶がなかなかできなくなった、すぐに人のせいに思うようになりかつそれを口に出しちゃうのが異常に 多くなった、脱力(筋肉を使うのがしんどい・すぐ疲れる)、足の指の痺れ、目の不調、難聴、キョロ②しがちになった、化粧がかなり面倒くさい。

昼間なのに眠い、寝たい時間に寝れない、おしっこを我慢できなくなった、異様に寒がり冷え性になった、手が震える、電話にするのが怖くなった、人に話をし てる時目を見ないのに相手が話してる時は目を凝視するようになった、細かいことが気になる、頭が騒がしい、脳が常に物事考えて止まらない、偏頭痛

喜びや充足・達成感を感じられなくなるとか、やる気がない、料理が不得意になった(マルチタスクができない)、コミュニケーション能力が落ちた、癇癪持ち になった、性格が変わった、焦りやすくなった、不安障害、うつ、片付けられなくなった、こだわりが強くなった、冷淡で論理性以外気にしなくなる等

広告