万一、子どもが砂をなめたり飲み込んだりしても、放射性物質は砂に吸着したまま消化されずに排泄されますので、内部被ばくを引き起こすことはありません!  (浦安市広報)

浦安市教育長 黒田江美子様  浦安市教育委員長 小比類巻勲様

公式サイトで経歴を拝見しました。元教員とのことですが、本当にこれでいいのですか!(怒)

——————————————————-

(浦安市公式HPより:保護者の不安・質問)

Q4:幼稚園の園庭や公園などにある砂場は、周りに比べて放射線量が高いと聞きますが本当でしょうか。

外部被ばくもそうですが、子どもたちが砂を飲み込んでしまった場合の内部被ばくも心配です。

——————————————————-
A4:他の場所に比べて、砂場という条件だけで放射線量が高くなることはありません。

また、万が一、砂をなめたり飲み込んだりしてしまっても、放射性物質は砂に吸着したまま消化されずに排泄されますので、内部被ばくを引き起こすことはありません。

http://www.city.urayasu.chiba.jp/secure/25666/genjo_01.pdf

——————————————————–

・この件についての感想 (週刊金曜日 北村肇社長)

8’54~ 「いやぁ、すごい町だなぁ。これは・・・・」

——————————————————–

広告