子どもたちの浦安からの疎開方法を考える(西日本の山村留学・ホームステイ)

@def_zep_deep よしの
チェルノブイリの際に100km圏外にあるキエフという町の子どもたちへの対応
 「15歳までの子どもたちは親元を離れ、総数100万人が汚染されていない遠くのサマーキャンプやサナトリウム、ホテルへ9月はじめまでの3ヶ月半避難した。
こうしてキエフの子どもたちは大量の被曝を免れたのである」
————————————————————
九州や沖縄では、山村留学という取り組みがあります。
一定期間、子どもをホストファミリーに預けて、その土地の学校に通わせることもできると思います。
農業を営んでいるホストファミリーも多いです。
広告