これで浦安市も終了だと考えています(名誉ある撤退:自主避難へ)

被災地と多摩の汚染焼却灰、東京湾に埋め立てへ

放射性セシウムを含んだ汚泥焼却灰などの埋め立てが行われている中央防波堤外側埋立地(12日、読売ヘリから)

東京湾にある都の「中央防波堤埋め立て地」に、東京23区外の汚泥焼却灰が埋め立てられることになった。

放射性物質が検出され、周辺自治体の同意が得られず処分できなくなっている多摩地区の焼却灰約2500トンについても受け入れが始まる。

地元自治体の大田区が12日、処分に同意すると発表したため。同埋め立て地はゴミの最終処分場で、23区内から出た1キロ・グラム当たり8000ベクレル以下の汚泥焼却灰を1日100トンのペースで埋め立てているが、23区外の汚泥焼却灰は受け入れてこなかった。

都が受け入れを表明している宮城、岩手両県の震災がれき計約50万トンも、焼却などの中間処理をした後、同埋め立て地で最終処分される見通しという。

(2011年10月12日20時20分  読売新聞)
————————————————————–
残念なことですが、柏市などからの焼却場からの排煙といい、この最終処分場といい、被曝要素に囲まれてしまいました。
子育て世帯はいち早く、子どもたちの疎開の準備をお勧めします。
広告