これでは給食にでてくる魚は、安心して食べられない(浦安)

いわき市沖合のプランクトンからセシウム669ベクレル/kg 食物連鎖による濃縮、今後、大型の魚で影響が本格化するおそれ

プランクトンから高濃度セシウム
10月15日 4時54分

ことし7月に福島県いわき市の沿岸で採取したプランクトンから、放射性セシウムが高い濃度で検出され、調査を行った東京海洋大学の研究グループは、食物連鎖によって、今後、スズキなど大型の魚で影響が本格化するおそれがあると指摘しています。

東京海洋大学の研究グループは、東京電力福島第一原子力発電所から流れ出た放射性物質の影響を調べるため、ことし7月、いわき市の沿岸から沖合およそ60キロまでを調査船で航海し、プランクトンなどを採取しました。このうち、沿岸3キロ付近で採取した動物性プランクトンを分析した結果、放射性セシウムが1キログラム当たり669ベクレルの高い濃度で検出されました。半減期が2年のセシウム134が含まれることから、原発から流れ出た放射性物質がプランクトンに蓄積したものとみられています。

動物性プランクトンは、さまざまな魚の餌になることから、研究グループでは、食物連鎖によって放射性物質の蓄積が進み、今後、スズキなど大型の魚で影響が本格化するおそれがあると指摘しています。

研究グループのリーダーを務める石丸隆教授は「この海域では南向きの海流の影響で、原発から高い濃度の汚染水が継続して流れ込んだためにプランクトンの濃度が高くなったとみられる。魚への影響がいつごろまで続くのかさらに詳しく調べる必要がある」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111015/t10013279031000.html

沿岸海底“放射性物質が移動”
10月15日 4時54分

福島県沿岸の海底では、先月までの1か月で放射性セシウムの濃度が高くなった場所があることが分かり、専門家は「海底の地形や海流の影響で放射性物質が移動しているとみられ、注意が必要だ」と指摘しています。

福 島県は、漁業の再開時期を探るため、5月から、相馬市やいわき市の沿岸の漁場で海底の土に含まれる放射性物質の濃度を調べています。先月12日と13日に 採取した海底の土1キログラム当たりの放射性セシウムは、相馬市磯部の沖合4.5キロで2490ベクレル、いわき市四倉の沖合0.5キロで1142ベクレ ルと、高い値でした。それぞれ8月の調査に比べ、濃度がおよそ5倍と2倍に高くなっていて、海洋生物に詳しい東京海洋大学の石丸隆教授は「海底の地形や海 流の影響で放射性物質が移動しているとみられる。海底にいるカレイなどの魚は、影響が出る海域が変わる可能性が高く、注意が必要だ」と指摘しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111015/k10013279211000.html

魚は加工品として、産地も分からず+水揚げ場所変更で産地分からず状態なので
検査をより厳しくして欲しい。

※水産庁は10月5日、千葉県以北の太平洋で捕れた水産物について、産地を明確に表示をするよう関係団体に通知してはいます。

(ただ通知しただけです)
—————————————————————————————–

海洋汚染図です。給食の魚に関して心配しています。

今後も給食食材の放射能汚染検査を求めていきます。

広告