がん保険のCMを見なくなった今こそ、保険の見直し

プルトニウムの放出が明らかになりました。といっても、アメリカではグアム・ハワイ・西海岸などで検出されていたので、また後出し公表です。

「セシウムあるところ、ストロンチウムあり」と言われますし、アメリシウムやトリチウムの名前も聞くようになってきました。

だいたい流れは、まず海外メディアの報道(ただし日本のメディアはとりあげない)があり、海外公機関の発表に合わせて公表します。

そして、チェルノブイリのことを考えても、子どもたちの健康被害が予想されます。

悲しい話ですが、甲状腺がんや白血病など、心筋梗塞、脳梗塞などなど。

日本の経済状況やTPPから保険制度自体心配ですが、子どもの掛け金が安いうちに、(今後、募集打ち切りもありえます)

急にがん保険のCMがなくなったことも考えると、掛け捨てでも加入しておくのをお勧めします。

ちなみに、先進医療特約は、その医療方法を受けられる条件が整い、かつ自費で医療費を支払ったのちの請求となります。

高額の支払いができないと、保険金の請求ができないので、まず、診断給付金がいくらもらえるのか確認してください。

そして、子どもたちの東日本からの一時転出を検討してください。

広告