ガンになりたくないです。放射線対策について。 22歳女です(千葉・浦安)

かなり前のものなのですが、時々、コメントを振り返ってみています。
コメントの多さと時間が経つにつれて、コメントが変わってきているところを気にして見てます。
ひどいコメントもたくさんありますが、少しでもわかってもらえるように伝えていきたいと思います。
—————————————————————————–

ガンになりたくないです。放射線対策について。

22歳女です。千葉の浦安市に18歳の妹と一緒に住んでいます。
昨夜福島原発が震災翌日にはメルトダウンしていたことが発表されました。

ということは、震災翌日から多量の放射線が周囲に飛散していたということですよね?
今では各地の飛散量の発表も信用できません。
おそらく関東にもかなりの量の放射線が降り注いでいるのでしょう、これからも。

放射線対策はしているのですが、家の中にいても放射線を吸っている気がしてあまり息が吸えません。

水道水は飲んでいません。
料理や飲み物に使う分はミネラルウォーターを使っています。
野菜は西日本か北海道産か冷凍物、肉類は外国産、魚は缶詰めしか食べていませんし、乳製品や卵ももちろん取り寄せです。
外に出るときは必ずマスクをつけます。
暑いのでどうしても肌の露出は避けられませんが…
お風呂などはどうしても水道水を使わなければならないのでお風呂の時間が憂鬱です。
本当は西日本にでも避難したいですが、妹の専門学校があるので動けません。

あと放射線対策として何ができるでしょうか?
私も妹もこのまま放射線を浴びて吸い続けて、将来ガンにはなりたくないし、結婚して子供も産みたいので…

なお、『福島の人たちはまだ福島で頑張ってるのに!』とか、『こういうのを風評被害って言うんですね』などの意見はいりません。
風評被害ではなくれっきとした実害ですし、もはやこうなっては自分たちのことしか考えられないので…

広告