放射能汚染の疑いある牛肉、給食で使用(仙台公立小中)

仙台市教育委員会(16日)

放射性セシウムに汚染された稲わらを食べた可能性のある宮城県産牛の肉が、

6月30日~7月7日、中山、鶴谷、富沢の3小学校と広瀬、大沢、吉成、広陵、高森の5中学校で

チンジャオロースやピリ辛炒めに使用された。

 

 

@kikutijun

「子供の小学校の名前が遂に出てしまいました。今更ながら抗議の電話初めて経験しました。

切なくなるだけなんですが、言わずにはいられなかった。ほぼ全ての子供が食べた・・・許せません。」

————————————————————

安全な給食を目指してほしいです。

放射能汚染に関して食材検査体制の確立が急がれます。

広告